【3分で分かる】女性から「また会いたい」と思われる男性の特徴

菊池
こんにちは、菊池です。

今回は私の数少ない女性友達である神楽さんに、また会いたいと思われる男性はどういう人なのかを書いていただきました!

神楽
こんにちは、神楽です。よろしくお願いします!

あなたが、女性とデートをしたり、お食事会、婚活パーティーなどに行ったとします。

そこで女性から

「また会いたいなぁ」

「もっと話がしたいなぁ」

って思ってもらわないと、次にはつながらないですよね。

では、どうすれば、「また会いたいなぁ」とか、「次お食事したいなぁ」とか、「もっと話したいなぁ」って思ってもらえるかといいますと、それはすごくシンプルです。

当たり前のことなんですが、楽しかったかどうかなんですね!

それは話の内容ではなく、なんか楽しかったかという感情がとても大事なんです。

なんか楽しかったら、

「もう次会いたい」

「会ってもいいかな」

「会いたいなぁ」

と思うのが女性です。

なので、どれだけ笑顔を引き出せたかというのがすごく大切です。

最近私が思うのは、大人になってくると、仕事がすごく主体になってきますし、いちいちいろんなことに傷ついてたりとかすると、仕事がおろそかになってしまったりとか、だんだん、心、その感性っていうのがこう殺されていくとか。

いろんなことに一喜一憂しなくなってくると思います。

もちろん仕事上ではそれがすごく大事だと思いますし、大事なときもあると思うんですけれども、その感性の部分。

感じるという部分で、たとえば、ちょっとのことでも嬉しいって思ったりとか、楽しいって思ったりとか。

そういう感性ってすごく大切だと思っています。

なので、結構みなさんお忙しいと思うんですけれども、感性を磨いてほしいです。

女性って結構感受性が強い生き物なので、何か一緒に笑ったり、何か一緒に楽しんだりとか。一緒に居ていい気分になれる人を求めてるんです。

女性はキャッキャキャッキャ騒いでるのに、男性が能面でチーンみたいな顔してたら女性は楽しくないんですね。

なんか自分はよくわからないけど女性が楽しそうに話してるから自分も楽しくなっちゃったとか。

表情って、心から出てくるものなので、作ろうと思って作るものではないと思うんですよね。

それってやっぱ感性なんです。

感じる力。

なので、普段からたとえばテレビ、ドラマとか、最近観る時間もないかもしれないですけれども、時間って作るものです。

わたしはいつも支度をしながら音声を聞いたりとかしてるんです。

無駄な時間を作らないようにちょっとでも空いた時間何かできるかな?

っていうのを自分で考えてやってるんです。

その時間で感性を磨く。

たとえばドラマを観たりとか、音楽を聴いたり、通勤中でもできると思うんですけども、そういう感性を磨いてほしいと思います。

そうすることによってやっぱり、感情を共有できますので、女性にあなたとまた会いたいなって思ってもらえます。

なのでぜひ、感性を磨くっていうことをやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。