相合傘をしている時の心理状態や意味を徹底解説

メールアドレス

菊池
こんにちは、菊池です。

あなたは、女性と相合傘をしたときにどういう心理状況でしょうか?

女性と相合傘をするって、めちゃくちゃドキドキしますよね!

一つの傘の中に二人で入るって、密着しますし、心臓が飛び出ちゃいそうです!

さて、そんな相合傘ですが、女性の心理状態は一体どうなっているのか気になりますよね!

今回は、相合傘をしている時の女性心理を見ていきたいと思います!

23年間彼女がいなかった、菊池はどのように脱非モテに成功したのか

2019.01.14

 

相合傘での女性の心理とは?

さて、相合傘をしているときの女性心理とはどうなのでしょうか?

まず男性から女性に相合傘に誘ったとします。

すると女性はびっくりしますよね。

急に至近距離になるのでかなり動揺してしまうと思います。

でもそんな動揺を男性に気付かれてしまっては恥ずかしいので、できるだけ表に表れないように必死で抑えようとします。

相合傘に入っているときの女性の心理としては、かなりドキドキしていると思っていいです。

二人で近づいて歩くのと、距離は同じだけど傘に二人で入って歩くのって、全然違うんですよ。

傘で周りの世界からシャットアウトされた気分ですし、一気に二人の世界になるのでかなりドキドキしてしまいます。

もちろんこんな至近距離では男性の顔は見ることができません。

恥ずかしいので…

それと同時に、男性が女性に対して好意を持ってくれているということが分かりますね。

神楽
「私の事、きっと好きなんだろうな」

と思うようになります。

普通、相合傘ってカップルがするようなことですし、女性もそう思っているはずです。

神楽
「なのに相合傘してるなんてカップルみたい!」

と急に恥ずかしくなる女性もいます。

つまり、相合傘をされた女性は常にドキドキしっぱなしで、男性の好意も感じ取れるということでしょう。

ただし、今お伝えしたのは、互いが両想いの場合です。

お互いに好意を持っていないと相合傘をしようと思わないですし、されても嫌ですよね?

続いては片方が好意あり、片方が好意なしの場合に相合傘をした時の心理状況ついて解説していきます。

男性が好意ありの場合は、もちろん男性は好きな相手なので相合傘をしたいでしょう。

もし

菊池
「相合傘しない?」

と持ち掛けた場合、女性は

神楽
「えっ…?」

という反応をするはずです。

どうしていいかわからないような困った表情をしているのではないでしょうか。

きっぱり断ることも申し訳ないのでなかなか断れませんが、少なくともちょっとだけ抵抗は見せるはずです。

神楽
「えっ…ちょっと…」

というような明らかに嫌がるそぶりを見せたりすることもあります。

中には相合傘を特別なものとは思っていなくて、二人で傘の中に入ったとしてもなんとも思っていない人だって結構います。

女性は相合傘をしても特に何も感じない人がいるのです。

特にどういう時にそう思うのかは、好きでもなく嫌いでもない人と相合傘をしたときです。

この時は好きでも嫌いでもないので、相合傘をしてもなんとも思わないのです。

ただ雨が降っているから傘に入れてくれたんだとしか思っていなくて、ただ単に優しさで入れてくれたんだとしか思わないのです。

例えばどうでもいい人と手が触れたとしたらどう思いますか?

なんとも思わないという人がほとんどなのではないでしょうか。

それと同じで相合傘もどうでもいい人とはなんとも思わないということなんです。

相手が嫌いな人の場合はたとえ優しさであっても絶対に相合傘をしたくないと思うので、全力で断ると思います。

では、相手の女性が自分に好意があるのかないのか見極めるにはどうしたらいいのでしょうか。

相合傘で脈ありか判断するポイント
  1. あなたが相合傘をしたときに、女性の表情はどうですか?
  2. 微笑んでいたり恥ずかしそうな表情をしていませんか?

その場合はほとんどが脈ありに当てはまります。

うつむき加減になっていたり、あなたの方を向かなくなったら恥ずかしくてあなたの顔を見られないということでしょう。

傘をさす前との違いをよく見ておくといいと思います。

逆にあなたの事をなんとも思っていない場合は至近距離でもあなたの顔を見ることができてしまいます。

そして恥ずかしそうにもしてないし、本当になんとも思ってないんだなということが伝わるくらいわかりやすいと思いますよ。

相手の表情によく注目してみてください。

 

女性から相合傘に誘う場合

先ほどのご説明したパターンは男性から女性に向けて傘をさしてあげたという状況ですが、今度は逆パターンを見てみましょう。

女性から男性に傘をさしてあげたパターンです。

この場合も、二人で一つの傘に入るということですからあなたが嫌いな人ではないということがわかると思います。

女性は比較的相合傘をされることやすることに抵抗がない場合が多いです。

嫌いな人でない限り、傘に入れてあげるという優しさだけでやっている可能性があります。

もちろん好きな人と相合傘をしたいと思うので自分から入れてあげることがあると思いますが、積極的な女性でない限りは自分から好きな人に相合傘をしようとすることはないと思います。

恥ずかしくてできないですし、もし断られたらどうしようという気持ちがあるので、好きな人にはなかなか自分からできないものなのです。

でも、どうでもいい人には意外とすんなりできちゃうもので、好かれたいとも特に思ってないため優しさだけで相合傘をしてあげることがあります。

でもがっかりしないでくださいね!

女性から相合傘を提案してきたら、あなたを気にしているということなので、これから先好かれるようになるかもしれませんし。

相合傘は恋人たちがするイメージがありますが、もし両想いの場合はかなり女性の方はドキドキしていることでしょう。

相合傘をするという予定を立てずにするものなので、急に起こった出来事に頭も心もパニックになっていること間違いなしです。

急に距離が縮まるのであなたの身体を間近に感じ、かなり意識してしまうようになるのではないでしょうか。

あなたの優しさにもドキッとくるはずですよ!

そして、相合傘をしている間ってかなり時間が長く感じてしまうんです。

緊張するし、あまりの密着度に息を止めてしまう人も…

女性の声の中には、相合傘をしただけで恋をしてしまったという人がいます。

それくらいその女性にとって相合傘は衝撃的なものだったのでしょう。

今まで全く意識してなかった人でも、相合傘をして密着度を高めることによって意識をするようになることもあるんですね。

付き合う前に相合傘をするということは、あまり深い関係ではない段階で密着するということですもんね。

やっぱり緊張するものです。

付き合う前に相合傘をした人の中で、その後付き合うことに至った人たちはかなりいるようです!

相合傘でお互いがお互いに意識が向いて、それから発展していくということがよくわかりました。

二人の心の距離を縮めるには最適なようです。

 

相合傘をしてはいけない場合

中には相合傘をして逆効果な場合も…

相合傘をして喜んでくれる女性がいる一方で、中には相合傘をそれほど重要視していない女性もいることが分かりました。

相手の女性の事が好きでも相合傘をすることによって、

神楽
「計画的な犯行って感じがしてなんか嫌だ」

という女性がいます。

計画的にやっているのが分かると急に冷めてしまう女性もいるので、そこは難しいところだなぁと感じますね。

例えば、バレバレだなと思ってしまうのは、

菊池
「明日傘いらないとおもうよ~」

と言っておいて雨が降ってくるパターンです。

これは男性だけ傘を用意していて女性には用意させないというやり方ですね。

それだと女性は

神楽
「相合傘やりたいからじゃん」

と思ってしまいます。

これがまさしく「計画的な犯行」と思われてしまう原因でしょう。

但し、このタイプの女性はなかなかいないと思います。

好きな人に相合傘をされるって、女性は憧れでもあることですし、身体が密着するのでドキドキするものなんです。

今までも好きだったけど更に好きになってしまったという女性は非常に多いので、気になる女性に相合傘をするのは今後の発展にもつながるのではないでしょうか!

女性をドキドキさせればさせるだけあなたに心が向いていきます。

 

こんな相合傘がうれしい

次は相合傘で女性がドキッとする瞬間を具体的にご紹介しましょう!

まずは、女性が傘をさして歩いているといきなり男性が

菊池
「入れて!」

と強引に入ってきた時です。

これは考える余裕もないので、女性はかなりドキドキしてしまいます。

いきなり男性が近くに感じられるので、もう頭はパニックです。

次は、女性が傘を忘れてしまっていた時に男性の方から

菊池
「入る?」

と言われたときです。

これはドキッとします。

入る?と言われたら

神楽
「うん!」

という他ないです!

男性の優しさも感じ取れると同時に、思ってもいなかった出来事なので不意打ちすぎてたまりませんね!

女性は不意打ちに弱いんですよ!

次に

菊池
「なんか照れる」

と言われたときです。

相合傘は絶対に照れるものなのですが、それを口に出して言ってくるとこちらも照れてしまいます。

そこで男性が自分に好意があるんだと感じることもできます。

次に挙げられるのが、男性の方がびしょ濡れになってしまっているときです。

これは、傘に入りきらなくて男性の方が濡れてしまっていたという時ですね。

女性が濡れてしまわないように自分だけ外に出ていたということに気付いた女性は優しさにキュンキュンしまくります。

次に抱き寄せられたときです。

傘の中はかなり狭くてどちらかが雨に濡れてしまうことが多いと思います。

しかし、濡れてしまわないように女性の身体を抱き寄せてあげたときにドキッと来る女性は沢山います。

でも、明らかに好意がある人ではないと危険なことでもある方法ですね。

次は

菊池
「ずっとこのままがいいな

と言われたときです。

そろそろ傘からでなければいけなくなってしまった時に、ふとこのように言われるとドキッ!となってしまいます。

相手が自分に好意を向けてくれているということもわかるし、その男性のことが好きならたまらないセリフです!

 

まとめ

相合傘をしているとき女性はほとんどの人がドキドキしているということが分かりました。

やっぱり身体が密着するので心臓が飛び出そうになるのも頷けますよね。

あと、相合傘は女性が好きな人とやってみたいこととしても有名なのです。

それだけ女性は好きな人との相合傘に憧れているんですよ!

女性がどんな表情をしているかよく見てみてくださいね!

23年間彼女がいなかった、菊池はどのように脱非モテに成功したのか

2019.01.14

メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。